うちあけ話②「そのひと手間が……」